« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年7月

2017年7月26日 (水)

自宅療養23日目




おはようございます、の、朝のトラ。

トラは相変わらず、お風呂場に連れて行くまでお水は飲んでくれませんが、「水飲みたい!!」アピールは積極的になってきました。私のところに突然抱きついてきたり、深夜に私が起きられない時は家人のベッドへ飛び込んで「シャワー出して!」と、おねだりしていたようです。

今朝も、自分からお風呂場の前に座ってお風呂場が開くのを待っていました。

口が聞けない小さな命のお世話、手探りの毎日。こんな自己表現が本当に本当に助かります。

ジャンプしてお気に入りのフードを食べに行ったり、ビックリはいっぱい起こります。元気な時食べていた量を、お昼過ぎくらいには食べ終わっている食欲旺盛の坊っちゃん。






2にゃんはお気に入りの場所でゆるーーく牽制し合っています…。今年10歳の子達、永遠の幼稚園児ですなあ。





夏ですが、トラは毛布を愛用中。








たまにソファも使ってます。ピャーゴジラに睨まれ(?) ながら。

このところ毎日排便は出来ています。ですが、出せそうなタイミングが近づいてるときがちょっと大変。吐き気止めを飲んでもだるそうにしていたり、ケフケフした小さい咳とコロコロが混じったような不思議な息づかいをしていたので、身体をさすっていましたが足で「やめて」と拒否されてしまいました…。暫くはだるそうに休んでいましたが、2時間後には13cmも自力で排便出来ました!! 泣。

今日の体重は2.53kg。昨晩より30g増。排便しているのにスゴイ記録♪ 水を飲む量が少し少ないので「もっと頑張りましょう」かなー。




そういえば、新しく水飲み皿を購入しました。腎不全の子には沢山の水飲み場が必要になります。器の高さ、水温、水の場所(好きな場所への通り道がオススメ)様々に…。今回買ったのはピャーが仔猫時代から愛用している「ヘルスウォーターシリーズ」の、飲み口のフチが高めのサイズのものです。


1502340967504.jpg
………予想通りですが、トラは関心を示さず、ピャーが気に入ってます。笑。

1502340968147.jpg

1502344182130.jpg




にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月25日 (火)

自宅療養22日目






トラ、元気にしています。

この間の深刻な便秘もオリーブオイルを少し飲ませたり、少しずつ出て来た便を腸に負担がかからぬように優しく手指で平たく細くすること(摘便に近い…)ことで何とか無事に乗り越えました。

便秘対策は動物用乳酸菌「JIN」の毎日の服用、好きなフードに0.25g程度の量の「イージーファイバー」粉末を振りかけて与えること、2日以上排便がない時ティースプーンひと匙弱のオリーブオイルをスポイトで飲ませること。で、ほぼ連日の排便が出来るようになりました。




嬉しいことに食欲は落ちず、体重は2.49kgまで増えています!

家人の帰宅時に玄関まで走ってお迎えに出てきたり…。風呂桶のフチにポーーンと飛び乗りシャワーを飲みたいとねだったり。昨日今日と、ビックリすることが沢山ありました。


吐き気は強そうで、吐き気止めの「メトクロプラミド」は最大量の一日3回服用になることが多いし、眠ることが多く水を飲む量が減っていることも気になりますが、何とかフォローしていきたいです。

※「この病状の子には採血したくない」という獣医の先生の方針で、今後、血液検査することは無さそうです。この為、BUNやCREの推移が不明なまま看護しています…。見た目だけの病状進行の判断となり不安が大きいですし、同じ病気で闘病中の猫ちゃん達への参考にも あまりならないかも知れません。が、出来るだけブログは続けていきたいと思います。良い報告が出来るように、腎不全末期且つ重度の貧血症状と診断されながら一ヶ月以上も治療を頑張ってるトラの姿を長く長くお見せできるように…。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月22日 (土)

自宅療養19日目










マンションの外壁工事も終わりに近づいて来てゆっくりした1日でした。

トラも大好きな外の空気に当たったり、ピャーを舐めて挨拶したり御機嫌です。
珍しく、補液もスムーズにいきました。


でも。

便秘が頑固です。

今までオリーブオイルでお尻をポンポンしたり、(頑固な便秘の時は)週に一度くらいオリーブオイルを小さじほど飲ませて乗り切ってきた便秘も、正念場になってきました。一日毎に出せる便の量が少ないのです。貧血なのでいきむ力が足らず…。大体、1日出なかった次の日から3日連続で少しずつ出せるようになりペースが整ってきているのですが、楽観は出来ません。


今日21時に、便を出せない辛さのあまりに物凄い大きな雄叫びをあげていました。余程出しにくい便が詰まっているみたいです。現在、お腹の「の」の字マッサージと後ろ脚の付け根辺りの便秘のツボ押しを施し、オリーブオイルを少し飲ませて様子を見ています。


これしか書けなくてごめんなさい。

トラ頑張ってます。体重2.42kg、重さも少しずつ増えて安定してます。食欲は旺盛。お水もちゃんと飲めてます。

少し苦しそうだし便秘の経過が心配なので、介助して出させる可能性も兼ね、今夜はなるべく寝ずにトラの様子を見ます。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月17日 (月)

自宅療養14日目

7/17。トラが「うちの子」になってくれた日から5年経ちました。






ここ一週間は体重も2.3kg以上をキープできています。今日は2.36kg!! ぬるま湯シャワーを飲ませにお風呂場まで抱っこする度にズッシリ感が増し、とても嬉しいです。

(曇り空が続き写真が暗いです、ごめんなさい)


動物用乳酸菌「JIN」を毎日飲ませている御蔭か、2日以上出ない頑固な便秘も解消できつつあります。少し便が固くて出しづらいのかな…と思われる日は、「イージーファイバー」の粉末をお気に入りのフードにサッと少量振りかけると脱肛も無く便を出せて、便を催した時の泡の嘔吐もほぼなくなります。トラが気分良く眠れる時間も増えてくれます。

4日前に造血剤の注射をしてから食欲がかなり旺盛になっています。猫のカロリー計算サイト(健康なシニア猫の平均値)で調べると、トラの体重だと1日150Kcalぐらいが適正のようなのですが、軽く3倍くらいは食べちゃっているかも知れません……。

先生には、「お水は好きなだけ飲ませて、理想は療法食のみの食生活だけど、嗜好に合わなければ好きなもの(総合栄養食)を食べさせて」と指導を受けているので、オヤツ無しで充分なカロリーを取れているならいいかなと。ゆるーーく見守っております。



夜の補液は元気になる毎にトラがよく動くので緊張が走ります。今日は私がシリンジの針を間違って手に刺してしまう大失敗…。幸いシリンジに点滴液を入れる段階の前だったので、すぐさま新しい針に取り替えて点滴液をシリンジに吸い出し、無事にトラに補液することができました。何回やっても、補液(特にトラに翼状針を刺す過程)には慣れません…。漏れや刺し直しもままあり、自分の不器用を直したいです。泣。


特に御祝いは出来なかったけど、家人も外出せずにトラに付き添ってくれた三連休。楽しく過ごせました。このままトラがニコニコで安定していくといいなあ。


(今日のピャーゴジラ)
寂しさからか過剰グルーミングになってきました。
広いベッドの隣りに大好きなギズモを置いたらグルーミングが止まりました。ギズモに感謝!




ギズモ大好き猫




にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ


2017年7月13日 (木)

通院9回目

※トラが具合が悪くなる事が深夜〜明け方に多い事、2〜3時間ごとにお風呂場に連れて行き水飲みを促す生活ペースで なかなかブログを書く時間が取れず、飛び飛びですみません。後で余裕ができたら修正、加筆致します。


さて、今日は(月曜から水曜まで先生の体調不良による三回のキャンセルを経て)予定より3日遅れの通院日です。週一ペースではありますが、造血剤「エリスロポエチン」の定期的な注射の再開です。


朝5時から、5cmほど頑張って便を出し(嘔吐、脱肛無し)苦しそうでした。ガラステーブルの上でフウフウ言っていました。トラのお尻周りは家人が全て処置してくれたのでとても助かりました。最近は、吐き気止めを飲ませても吐き気が止まりません。

猛暑が続き、室温も28度まで上がるのが常ですが、外壁工事でシンナー多量に使っているので今はエアコンも窓開けも禁止です。トラは脱水が深刻なのに…。なんだか八方塞がりな気持ちになります。






朝7時頃。なぜかうちの猫達はこの時間帯が一番元気です。トラも調子が良さそうなので、今日の通院もできそうです。


久々に病院に行くと、予約時間帯にも関わらず先客がいました。どうも、便秘による疾患で急患の方のようです。ワンちゃんでした…。ワンちゃんの検査後の休憩時間をお借りし、トラを診察してもらいました。

体重は2.28kg。食欲が元気な時と同じぐらい戻っていること、補液がうまく入っていて体調が良い様子なことを褒めてもらえました。一日50mlの補液ですが上手く吸収されなくなることが不安だったので、この点はとても嬉しかったです。

吐き気止めの「メトクロプラミド(プリンペラン)」 0.5mgの1/4量の服用は、1日2回から、3回まで増やしていいことになりました。最短でも8時間空けて服用させるのですが、吸収効果のある「イパキチン」と「ネフガード」とは一時間ずつ時間を置く必要があり、また、補液後に飲ませる「ペットチニック」の服用時間も計算に入れなければいけません。薬が増えるたびに難題も増えます。







帰って来たトラ。すぐにおトイレで小用。そして「懐石ZEPPIN」ドライフードを半皿ぶんもガツガツ。「ちゅ〜る」も一本平らげ、満足げ。お水もちゃんと飲んでくれます。吐き気がおさまってるようで少し安心しました。


急患の患者さんの診察後に会計することになったので、指定時間に再度動物病院へ。

会計ついでに、家人の希望で「トラの調子が良いのなら、今年の春に出た腎不全治療薬『ラプロス』が使えないか」ということも思い切って聞いてみました。

ですが、腎不全の治療薬というのは血圧に影響があるもの…。高血圧、貧血のリスクを考えなければいけないこと。
臨床の研究結果に基づき、良い結果を出す為には同じ腎不全でもごく初期の猫にしか勧めることはできないこと。
以上を説明されました。そして、今のトラの小康状態は、「良いバランスで高血圧が保たれていること」から成り立っているとも教わりました。

新薬を使うこと。それは或る意味、賭けです。造血剤も、本当は賭けでした。新しい薬が合うか合わないか。かなり体力を犠牲にしないとわからないことです。いえ、体力を使っても、効果はわからないままかも知れません。そしてもし、体力を消耗し過ぎたら……。

トラの体重は2kg前後です。2kg。どんな重さでしょうか。マヌケな私がうっかり買い忘れたお米をコンビニで買う、2kg。好きな飲料を大きめ2Lボトルで買う、これも2kg。片手で軽々持てます。そんな小さな身体で、今の自身を支える全ての力をトラは出しているのです。

今の小康状態を慎重に保って行く。やはりそれが一番安全なのではないかと私は思いました。でも、先生は言います。「もし、どうしても試してみたい。やってみたい。という時は(薬を)出しますからね。」と。決めるのは、家族である私達だということです。

家で家人にもう一度話した結果、新薬の使用はしないことにしました。




お土産の「Dreamies」試供品。シーバに似てるなあと思ったら、やはり同じメーカーのMARSの商品でした。トラ、喜んで食べました。


夜の補液。今日で10回目。今日で500mlの点滴液全部を使い切るよう指導があった為、いつもより多めの60mlを入れました。途中でトラが激しく動き、刺し直しもありましたがなんとか終わりました。

1500101645546.jpg

暫く時間を置き、今日の造血剤との相乗効果を期待しながら、鉄分&ビタミンB群の「ペットチニック」を飲ませました。



落ち着きトラ。



深夜、23時過ぎ。トラが何度もトイレに行き、落ち着かなくなりました。合計5回ほどかけて、19cmくらい便を出せました。(最後は女性の親指くらい太い便が途中で引っかかり苦しがっていたので、オリーブオイルで便と肛門周りを湿らせながらゆっくりと便を引き出しました)。朝から合計し、24cmほども出ました…。



痛くて、怖くて、疲れて。箱にしばらく隠れてしまったトラ。また30分後には気張った苦しさで泡を吐いてしまいました。

乳酸菌を飲んでる御蔭で便秘は良くなってきてますが、もうちょっと楽に出せるようにはならないか…。今のままでは相当なストレス、体力消耗を避けられません。でも、活性炭(ネフガード)は大事な薬なので服用を止めることはできないのです。

体温が低くなってきているトラをさすっていると押し込んでた感情がどんどん込み上げ、久しぶりに泣きました。苦しい思いは最小限にしてあげたい。一体、どうすればいいのか。もし、私の寿命を半分にしていいならトラを元気にしてやろうか? という取引があったなら、私はすぐに契約書にサインします。自分の命なんか惜しくない。

どうか、どうか、この子をこれ以上苦しめないでください。私が背負います、なんでも背負うから。神様、お願いします。



(今日の誓い)
今日受け取った、補液セット20日分。
20日後も、今日と同じようにトラの笑顔を見ながら追加分を受け取ってくるんだ。



にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月11日 (火)

自宅療養8日目

※まとめ切れてない日もありますが取り急ぎ近況を。


自宅療養8日目。通院しなくなり、一週間以上になりました。
本当は昨日、月曜日に造血剤の注射予定でしたが、獣医の先生の体調不良により明日の水曜日に延期。






全国で猛暑日ですが、北海道も変わりません。室温は午前中も28度、珍しく湿度も高く65%を指しています。トラも涼しさを求めてガラステーブルに乗ることが増えたので、エアコンの除湿を、ごく弱くかけています。(北海道エアコン不要説は、ウソです)


シャワーでぬるま湯出して、のリクエストがあったのでシャワーを飲ませ、朝の分の「イパキチン」も服用できて安心していました。が、30分後に泡で少し吐いてしまいました。食欲もないようで食べてません。台所のビニールを舐め、暫く涼しい台所で休んでいました。(服用後30分での嘔吐と微妙な為、薬の飲ませ直しはしませんでした)




少し気分が良くなったのか、9:35頃に好物の「懐石ZEPPIN」を一気に半皿もペロリ。ぬるま湯を入れたお水飲み用ボウルから、自分でお水も飲めました。やはり好きな水の温度はキッチリ決まっているようです。(容器が嫌で飲まない場合もあるようですが、トラのこだわりは水温みたいです)

一時間後、落ち着いているので「ネフガード」の粒も服用させました。上手に飲み込みます。飲んだ後また、ぬるま湯の入ったボウルで水も飲めました。

この週末、3日連続で便を出せるようになってきているので、乳酸菌との併用が上手くいっているのかも知れないです。よかった。取り寄せていた「ロイヤルカナン 消化器サポート可溶性繊維」ドライフードもやっと届いたので、工夫して食べてもらう予定です。今のところ、体重も2kg以上でキープできているので食欲が落ちませんように…。






家人が昨夜、「トラの肉球に少し色が戻って来てる」と喜んでいました。どうでしょうか。少し肉球も冷たいので、トラの思うまま、眠らせます。要求があるまでは撫で撫では我慢……。寄り添って来てくれたらたくさんマッサージします。


(今日のピャー)
ピャーは押入れに引きこもり中。たまにリビングに出て来てそばに居てくれます。





にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月 8日 (土)

自宅療養5日目

深夜、トラが泡を吐く音で目が覚めました。また頑張って自力でトイレに行き、排便していました。途中で少し脱肛、出血があり、オリーブオイルと綿棒で そっと脱肛の応急処置をしました。計3回、約11cmほど出すことが出来ました。昨日の便秘だった分も出せたかも。貧血と闘いながらもよく頑張りました。

昨日、書き忘れてしまいましたが、昨日から補液後に飲ませるビタミン剤が「ペットチニック」(30ml)というリキッドのサプリに変わりました。一日1ml、スポイト式で飲ませ易いです。こちらは鉄分、銅、ビタミンB群が含まれているので貧血の改善効果があればいいな。一本で2,000円弱しますが、トラの体重なら一ヶ月分です。もう、4日も造血剤の注射を休んでいますが、歩くときのフラつきも無く、調子がいい時はステップを使い、高い場所にある爪研ぎで爪を研ぐ姿も見せてくれます。






暑いのかな? ガラステーブルに座る時間も増えて来ました。毛布とガラステーブルがお気に入り。




今日は元気よく動いていたので補液(点滴)の途中で一度翼状針が抜けてしまいました…。力、強いです。体も少しズッシリしてきた感じがします。

食欲も順調です。体重は2.19kg。便を多く出したのに80g増加でホッとしました。初診の6/21に比べると100g増!


食欲も水飲みも排尿も順調なので、課題は変わらず便秘……。これで体力消耗したり、脱肛がクセになってはたまりません。動物用乳酸菌「JIN」も少しずつ効いているみたいですが、他にも評判の良い繊維質サプリ「イージーファイバー」や、以前、病院で勧められた(サンプルの食い付きが悪くて諦めた)「ロイヤルカナン 消化器サポート 可溶性繊維」ドライフードも取り寄せの注文をしました。出来る事はやります。


トラがシャキシャキしてる時と疲れてる時の差が激しく、目を離すのは難しいですが、トラに付き添っている私も肩の力が抜けるように努めています。家人に「(私が)リラックスしてると家中が落ち着くね」と言われたので、なんとかやろうと思いました。トラの生活リズムも掴めて来たし、大丈夫。と自分に言い聞かせてます。

今日のお昼は、家人が大変お世話になっている方から美味しい鰻重を頂きました。現在のうちの状況と同じように、小さな家族を看護した経験のある御夫婦より、精を付けられるようにとの御心遣いでした。私はこれまで食欲もなく、何を食べても粘土のように感じ、それを押し込むように食事をしていました。でも、その鰻重は優しい味で凄く凄く美味しく、心身に染み渡る感じがしたのです。夜、久しぶりに無心でシャワーを浴び、18日ぶりに自分のスキンケアも出来ました。

小さな家族の看護、付き添いしている皆さん。どうぞ、頑張りすぎないで下さい。


(今日のピャー)
外は今日も30度近い最高気温。やっぱり暑いみたいです……。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月 7日 (金)

自宅療養4日目

自宅療養4日目です。

今日はとても暑い日でした。外の気温は30度を超え、猛暑日のニュースが続いてました。


砂漠で暮らしていた歴史のある猫さん達でも、あんまり暑いのは苦手。外の風に当たりたいのに、工事が終わらず塞がれてしまっている窓に戸惑っていました。



午前中、足の肉球が冷たくなり食欲もなく心配だったトラですが、



午後にはシャキーーンとしまして、(あんまりシャキ感が伝わらないかな…)



仔猫用の総合栄養食(カルカンのまぐろしらす味パウチ)をガツガツ。スープが大好きです。おやつもおねだりして食べ、食欲は旺盛でした。




家人がだいぶ自宅での皮下補液にも慣れてきて、テキパキこなしてくれるので助かります。翼状針を刺す、大事な係の私は相変わらず戸惑ってばかりですが…。(トラの背中には元々お肉が無く、皮がビヨーーンと伸びてくれないのです)

今日もうまく補液できたのか、直後には好物のドライフード(「懐石ZEPPIN」)をガツガツ食べていました。


力強く爪研ぎもして御機嫌です。

1499434918701.jpg


今日のトラの体重は、2.11Kg。たくさん食べた割には20g減……。うーん、明日はもっと体重増やそう!!


トラの通院、療養生活も17日経ちました。日々張りつめてるせいかフラつきが増え、尻もちをついたりしている私に、「一緒に寝よう」とトラが寄り添ってくれるようになりました。私のことを休ませようとしているようです。自分の身体の方が辛いのに。いつもいつも、トラに励まされてばかり。しっかりしなきゃなあ。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月 6日 (木)

夏かな

トラが大好きな日向ぼっこをしながらも、ちょっと暑そう…。



よく室温計を見てみたら28度でした。(わたくし冷え性なので、暑さに鈍感です…年だなぁ)




おやつぐらいしか食べてないですが、好きな場所を行ったり来たりはできます。
たまに抱きついて来る、丸く可愛いお手手を絶対離さないよ。と話しかけています。寝てるけどね🐯


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

自宅療養3日目

昨晩深夜1時、眠っていて気がついたらトラが私の胸の上まで来て寝ていました。

夜中に私のそばに来るのはシャワーが飲みたいサインなので、お風呂場へ行ってシャワーを飲ませました。でも吐き気があるのか、その後、ビニール舐めをやめないので、吐き気止めの薬を飲ませて、また寝かせました。最近は暑がって使わない湯たんぽだったけど、気持ちよさそうに寄り添って寝ていました。


朝方5時、吐く音で目が覚めたので見に行くと、廊下でトラが茶色い泡を吐いてしまっていました。泡を吐く時の傾向は、トイレでいきんだ後です。3日目になる便秘が辛いのかも知れません。




いつもなら朝7時台にはモリモリ食べるのに、フードも受け付けないようです。おやつを少量食べて寝ています。しかし、食べるだけでもかなり疲れてしまう様子。造血剤を休んでるせいか、動きたい気持ちはあれど、たまに床で座り休り込んでる姿も見られます。


今日もオリーブオイルでお尻をマッサージ、お腹も優しく揉みました。

その2時間後に一度、また更に3時間後(お風呂場で水を飲んだ後)二度ほどトイレで頑張りました。途中、諦めそうになるのでオリーブオイルを浸したティッシュでお尻をポンポン刺激したら出せました。水分があまり無い便が、合計13cmくらい出ました。





今週から飲ませている動物用乳酸菌「JIN」です。口コミで評判がいいようなので購入しました。30包で2,000円くらいです。トラは2kgの体重として、1日に1/2包を水溶きし、スポイトで与えています。

1499320610796.jpg



少しスッキリしたのか、一時間ほど休んでから自分でトイレで排尿。「シーバ」を1/3皿くらい食べて眠っています。

便秘さえ解決できれば、だいぶ楽になりそうなのですが…。これからも色々試してみようと思います。トラは ほぼ動かず、貧血症状が結構ありそうなので、補液の時間まで休ませます。

1499320611287.jpg


(追記)
夜、補液後の体重測定は2.13Kgでした。あまり食べず、便をたくさん出したのに10g減に留まりました。トラは強いです。


(今日のピャー)
工事の音が静かなのでゆっくりしています。




にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月 5日 (水)

自宅療養2日目

自宅療養になってから2日目を迎えました。

通院と違い、療養について情報が少なくなるので更新頻度は落ちるかも知れません。
トラ、毎日頑張ってます! 写真はなるべく載せたいと思っています。


また3日間の便秘を抱えているせいか、だるそうです。
動きはゆっくりめになっています。トイレの10cmくらいの高さの入り口をまたぐのが辛そうになってきました。





朝からオリーブオイルで綿棒でお尻を刺激したり、赤ちゃん猫の排泄を促す要領でオイルを浸したティッシュでお尻をポンポンしたりしています。常用はいけませんが、ティースプーン半さじ程度のオリーブオイルも舐めさせました。お腹のマッサージも痛くないよう軽めにやっています。肛門がかなり動くので、便が降りて来る手応えはありました。

自分から爪研ぎに行き、ストレスを感じたようなので撫で回すのは一時中止…。

少しスッキリしたのか、ドライフードを一気に半分近く食べに行きました。猫の飯台には総合栄養食を3種類くらい常に置いています。「ロイヤルカナン」の腎臓サポート食、小分け包装の「モンプチ」、「懐石ZEPPIN」。たまに嗜好性が高い「シーバ」もトッピングしています。本当は腎臓サポート食オンリーにしたいのですが、食べる量が確保できないのでこうしています…。今のところ、一番好きなのは「懐石ZEPPIN」です。


1499320488000.jpg



肛門マッサージキャンペーンから四時間。たくさん食べたせいかお通じがありました!! 2cmほどですが…。やっぱり水分が少なくカチカチです。トラもまた脱肛する恐れがストレスなのか、トイレに入る時は暫く座り込んだり迷いがありました。脱肛も無く、無事に出来て良かったです。オイルをお尻に馴染ませることは続けてみます。


その後は温めた鶏ささみをガツガツ!!



頑張った後はよく眠ります。




今日は心配して家人が早めに帰って来てくれました。トラも気分が良いのか甘えています。

自宅での補液は決まった時間(24時間ごと)にしています。昨日の反省点を踏まえ、点滴バッグから50mlを注射器へ移すこと、(トラに翼状針を刺してから)注射器で点滴液注入することなど、力の要る注射器を使う過程は男性である家人に任せました。私は翼状針を刺し、翼状針が抜けないように軽く押さえながらトラを保定する係です。

家人のアイディアで、「決まった場所」で補液をしたほうがトラの心の準備もしやすいのではないか? ということで、病院の診察中と同じように、上蓋を取ってお気に入りの厚手の毛布を敷いたキャリーバッグの中にトラを座らせて補液しています。トラの抵抗は減りました。


今日は上手く入ったのか、補液後すぐカウンターに登り、二週間ぶりに自分からボウルにお水を飲みに行きました!!



体重は、2.14Kg。100g増です! 明日も快適に過ごせますように。





(今日のピャー)
チョコチョコ遊んでいます。








にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月 4日 (火)

今日から自宅療養

今日から自宅療養生活に入りました。病院へ行くのは来週月曜日までお休みです。

1499320308931.jpg




トラは一日1~2回、吐き気止めを飲みながら、食欲を満たすこととお水飲みにと積極的に動いてます。



でも、今日はだいぶだるそう…。疲れてきています。便秘のせいもあると思います。先生に教わった、オリーブオイルでの脱肛予防法を実践。トラが起きてる時はお尻周りのオイルマッサージやお腹を「の」の字マッサージしています。嫌がる様子はありません。動物用乳酸菌の服用も始めました。効果が出たら、また書きます。






貧血のせいかトイレの容器をまたぐのも辛そうになってきましたが、たまに無邪気な顔を見せてくれます。




夜、家人が帰宅してから2人がかりでトラに補液します。緊張……。補液セットとトラ。




家人が帰宅する時間に合わせ、補液のスタンバイ開始。

左は点滴液。真ん中の一番上が点滴液を吸い上げる為の50ml注射器の針、その下は消毒用綿、一番下は輸液用の翼状針。右は点滴液を移し、翼状針に繋いで注入する為の50ml注射器。これがワンセットです。


参考↓(三鷹獣医科グループ・新座獣医科グループ様のサイトより)
飼い主自身で行う皮下輸液の方法(輸液セット-翼状針付き)

↓シリンジを使わない自宅輸液法などはこちらが参考になります。
自宅で出来る(在宅獣医療)
-効果的な皮下輸液療法とは-





点滴は人肌に温めた方が猫に負担がかからないので、フツフツしてきたくらい(60度くらい)のお湯でほんのり湯煎してみましたが、1分くらいでも結構熱くなってしまいます(季節にも寄りますが)。点滴口は濡らさないように慎重に水をかけて人肌くらいに調整しました。



※鍋の加熱はOFFしてあります(沸かしてません)

トラの負担を減らす為、点滴を入れる翼状針を細いサイズの25Gにして頂きましたが、これが抜けやすい!! 油断してるとスルッと抜けちゃいます。トラに謝りながら刺し直しもしつつ、なんとか50ml入りました。液の入った注射器を押すのも、結構 力が要りました。




今日のビタミン剤はサンプルでもらった「フェロビタ2」でした。猫に必須のタウリンを強化し、ビタミン、ミネラルと共にエネルギーを補給してくれます。かなりネットリしていて飲ませるのが難しかったー。

でも、栄養素がかなり高い、評判の良いサプリなので効果がありますように。トラさん、気分が少し落ち着いたかな??

1499320533513.jpg


体重は家にあるペット用体重計で測ったところ、2.04kgでした。病院で測った時より80g増(測定器が違うので正確かは微妙ですが)。ドライフードやペーストを通常量食べてるので、減っていなくて良かったです。腎臓の療法食はそんなに好きではないのが心配だけど、トラが食べたがるもの、なるべく総合栄養食を、というスタンスで食欲を落としたり体力を消耗させないようにしています。


うーん、自宅療養はもっともっと飼い主に知識がないと。勉強が必要です。そして補液はひたすら「慣れ」ですね。早く上手くできるようになりたいです……。


(今日のピャー)
工事でベランダに人の往来が増えて気になりつつも、トラが見える位置のお人形ベッドにいてくれます。





にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月 3日 (月)

通院8回目

今日は8回目の通院日です。いつもの皮下補液治療+ビタミン剤の点滴をします。

1499068154242.jpg

そして造血剤は一日置きで5回目を打ち終わりました。これからは一週間置きに造血剤を打ちに通院するだけです。トラの通院ストレスがグンと抑えられます♪

1499068154908.jpg

今日のトラはとてもおとなしくリラックスしていて、先生から「もしかしたら、ここ(病院)で補液したらラクになることを覚えたのかも知れませんね」と言われました。明日から始まる自宅での補液も習慣なんだと学習すれば、トラ自ら補液を待つようになるかも? とのこと。猫はやっぱり賢いなー…と今更ながら感心しました。

体重は1.96Kgと、便を沢山出したのに一昨日と変わらない数字をキープ! よかった。


さて昨日の大事件、脱肛の処置については、

◎いきんだ後に脱肛した場合=潤滑油としてオリーブ油など(食用油ならOK)を塗った綿棒で静かにはみ出たピンク部分を中に戻す。

◎便が乾きすぎて引っ掛かってる場合=そのまま便を出すと脱肛するので、出かかっている便と肛門の間に食用油を塗り、滑らせるように出す補助をする。

ということで対処や予防をすると良いそうです。※※ほんの少しの症状の場合です。目に見えて腸が出ていたら即病院へ!!

通院が始まるまでは見事な快便猫だったトラ。便秘を引き起こす犯人と疑われるのはやっぱり「ネフガード」(活性炭)なんだけど…。毒素排出サポートの為の とても大事なサプリなので、最低一日一回は飲み続けるべきだとか。うーむ。動物用乳酸菌サプリとの併用や水分補給でお通じを良くし、上手く乗り切っていきたいところ。


脱肛の恐れだけでなく、腎不全が進行すると口内に潰瘍が出来てフードが食べられなくなる症状が出ることもあるので、気をつけて見るようにともアドバイスを受けました。

そして、本来ならば一度血液検査をしてから自宅療養に入るのですが、トラの貴重な血液を抜くのは勿体ないので、血液検査は無しとなり、初診からのBUNやCREの数値の変化は不明のままです。

先生から口頭で補液の指導を受け、自宅での補液セット10日分を受け取り、緊張MAXで帰宅……。


1499068155509.jpg

1499068156060.jpg

補液の後のシャキシャキぶりは健在。

御機嫌で総合栄養食のドライフードをガツガツ食べてました。食べ終わりにピャーとも鼻ツン挨拶を交わして楽しそうです。

モンプチの「ピューレKISS」少量に混ぜた「イパキチン」をペロリとたいらげ、一時間後には「ネフガード」の粒タイプ(トラの体調を見て、顆粒とタブレット粒タイプを使い分けることにしました)を混ぜたフードもペロリ。

食べるだけ食べたら寝てしまいました。

補液のあとは毛もつやつや、お鼻も湿り、お目目キラキラで良い表情をしています。この表情が毎日見られるなら、自宅補液も頑張れそう。 さてさて、今日もまた補液(輸液)について勉強だ!


(今日のピャー)
外壁工事で窓の景色が塞がれて残念がっています。

1499068156590.jpg



トラと一緒に7月が迎えられました。とても嬉しいです。マンションの外壁工事が終わるのは8月末の予定。



また、去年みたいに この窓から綺麗な青空と緑を眺めようね。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月 2日 (日)

4回目の通院お休み日

通院日が1日置きになったので、4回目の通院お休み日です。


昨日は元気いっぱいでしたが、今日は昨日ほど毛ヅヤは無くちょっとパサパサ来てるかな…。



でも規則正しく、栄養価の高いフードを朝から好き嫌いせず食べて、お水も沢山飲んでいます。

今日は私が疲れて朝早く起きられなかったので、家人がパウチフードを温めてほぐしたもの、好物をトッピングしたドライフードなど一生懸命工夫して食べさせてくれていました。「総合栄養食」にこだわり、トラが食べやすそうなパウチフードも買い足しました。家族の協力は本当に有り難いです。


明日の通院が終わり、明後日からは自宅で補液(輸液)が始まると思うと……もう緊張や焦りが止まりません。

26年くらい前、当時暮らしてた猫に自宅で静脈点滴をしていたことがあるのですが…。私は液が漏れないように見張る ただの補佐的な役だったので、自分の手で猫に点滴針を刺すのは初めての経験です。

自宅での補液についての動画や説明サイトいっぱいあるから参考にしてね、と先生に言われた通りに、昨晩は寝付けるまでの時間で出来る限りの説明動画などを見ました。(youtubeにある動物病院の獣医さんの説明動画などを拝見しました。わかりやすかったです、御礼は高評価の投票にて入れさせて頂きました。)




朝の3種類の投薬(吐き気止め&腎臓サポートサプリ「イパキチン」「ネフガード」)が終わりました。トラも安心したのか耳が温かくなって、ゆっくり寝ています。今日は室温が快適なのか(室温計26度)、湯たんぽが邪魔なようで時々離れています。

最近は無印良品の「体にフィットするソファ」から離れません。包むように沈み込めるし、何よりトラ自身の体温を逃さずジンワリ保温効果があるので、とてもお気に入りのようです。たまに母猫のお腹にするようなモミモミもしています。ゆっくり寝たい時も、時に具合が悪い時でもまずはここに座ります。このソファ購入は値段以上に価値がありました。

昨日一日、便が出ていない点は気になりますが、今日もトラの気持ち第一で そばにいることにします。皆様も良い1日が過ごせますように。


(追記)
日中にお腹マッサージを続けたせいか、トラは夜に頑張って5回もトイレへ行き、頑張って合計17cmほども便を出しました。水分の少ないカラカラの便を無理に出した為、ほんの少し脱肛しました…。怖くて可哀想で、泣いてパニックになる私を横目に、家人が慎重にトラへ応急処置をしてくれて脱肛は解決できました。「こんな時こそ落ち着くように」と諭されました。トラは痛みに耐えた疲れで熟睡してます。明日は補液や軽い脱肛などの自宅療養中の処置について、じっくり先生にアドバイスをもらおうと思います。


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

2017年7月 1日 (土)

通院7回目

今日は2日ぶりの皮下補液治療の為の通院日。

皮下補液を2日空けるとかなり怠そうでした。やはり、いくら2kgの小さなトラでも、100mlの点滴では1日置き(48時間)くらいしか効果が持ちません。休んで2日目の朝くらいには液体が体内に吸収されきってしまうようで限界です。

昨日はお水をいっぱい飲んで乗り切りました。寝る時間が多かったのであまり食べる時間は取れてません。食欲も今一つです。体温も38度くらいと最近の中では温かく、涼しい場所を好んで寝ていました。口を開けさせるのも辛そうな為、夜の「ネフガード顆粒」は昨晩もお休みしましたが、その代わりに便は昨日より多めに出せました。便全体が黒く炭の色がついているので、「ネフガード顆粒」の毒素排出効果に期待しています。

※「イパキチン」の方は飲ませやすく、毎日朝晩投与できています。オシッコは毎日4回程度するので、そちらでも無事に老廃物が除去できていますように。トラの動いてる分の腎臓様に祈る気持ちです。


いつもの皮下補液ビタミン剤の皮下点滴に加え、今日は4回目の造血剤注射でした。明日は通院を休み、明後日、月曜には5回目の造血剤を打ちます。

これで通院は一段落。来週火曜からは自宅で補液をします。点滴の量は慎重に計らないといけない為、点滴バッグのほか、50ml大の注射器と針、蝶のような羽根付きの針がついた点滴用チューブ、アルコール綿を定期購入します。補液の頻度は毎日。50mlの補液をした後、ビタミン剤を注射ではなく粉末で投与する形に変わります。病院には、週一回の造血剤注射にのみ通います。




体重は1.96kgとまた80gも減ってしまいましたが、補液をするとお顔キラキラ、食欲モリモリになります。

帰宅後、早速ドライフードを食べたりウェットフードを味見したり。いつもみたいに、家人が食べているものをチェックしに来て甘えたり。元気いっぱいに歩き回っています。

甘いかも知れませんが、体力が落ちて重い貧血のトラに強制的に食べさせる苦痛までを味わわせたくなく(口を開けさせるとかなり強い抵抗があり、極度に疲れさせてしまう為)、トラの食欲がない時はついつい好きなもの優先に食べさせてしまいます…。これからはもっと栄養価の高い総合栄養食フードを意識して選び、美味しく食べてもらって、これ以上痩せさせないように努めようと思います。




2にゃんがそばにいてくれる今日を迎えられていることが、本当に心から幸せです。






にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

« 2017年6月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

    


  • 名前: ピャー(♀)

    誕生日:
    2007年5月21日(推定)
    性格:
    寂しがりやの甘えん坊。で、暴れん坊。
    特技:
    噛み付き、飛びつき、引っ掻き、脅かし、睡眠
    好きな場所:
    冬はあったか、夏は涼しい二重層。(丸八真綿?)
    好きな物:
    チーズ、鶏ささみ、おさかな何でも、卵、氷、猫ミルク、バニラ、お化粧の香り
    嫌いな物:
    電子音楽(逃げるほどイヤ)


    名前: トラ(♂)

    誕生日:
    2007年5月21日(希望)
    性格:
    悟りを開いた心の広さ。気は優しくて力持ち。
    特技:
    ビニール舐め、段ボール壊し、顔の上を踏ん付けて歩くこと、睡眠
    好きな場所:
    ピャーの好きな場所は僕のもの
    好きな物:
    特にお魚(海のものも畑のものもドンと来いの男前)、あたりめとまたたびの香り
    嫌いな物:
    工事の音(基本的に静かなところが好き) 、喧嘩、粘着テープ







ブログランキング

  • にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ
    にほんブログ村 猫ブログ MIXキジトラ猫へ

    にほんブログ村 猫ブログへ 
    ↑↑ブログランキングに参加中です。
    1日1クリック有効です。
    応援クリックお願いします♪

最近のトラックバック

管理人へメール送信

無料ブログはココログ