« 今日から自宅療養 | トップページ | 自宅療養3日目 »

2017年7月 5日 (水)

自宅療養2日目

自宅療養になってから2日目を迎えました。

通院と違い、療養について情報が少なくなるので更新頻度は落ちるかも知れません。
トラ、毎日頑張ってます! 写真はなるべく載せたいと思っています。


また3日間の便秘を抱えているせいか、だるそうです。
動きはゆっくりめになっています。トイレの10cmくらいの高さの入り口をまたぐのが辛そうになってきました。





朝からオリーブオイルで綿棒でお尻を刺激したり、赤ちゃん猫の排泄を促す要領でオイルを浸したティッシュでお尻をポンポンしたりしています。常用はいけませんが、ティースプーン半さじ程度のオリーブオイルも舐めさせました。お腹のマッサージも痛くないよう軽めにやっています。肛門がかなり動くので、便が降りて来る手応えはありました。

自分から爪研ぎに行き、ストレスを感じたようなので撫で回すのは一時中止…。

少しスッキリしたのか、ドライフードを一気に半分近く食べに行きました。猫の飯台には総合栄養食を3種類くらい常に置いています。「ロイヤルカナン」の腎臓サポート食、小分け包装の「モンプチ」、「懐石ZEPPIN」。たまに嗜好性が高い「シーバ」もトッピングしています。本当は腎臓サポート食オンリーにしたいのですが、食べる量が確保できないのでこうしています…。今のところ、一番好きなのは「懐石ZEPPIN」です。


1499320488000.jpg



肛門マッサージキャンペーンから四時間。たくさん食べたせいかお通じがありました!! 2cmほどですが…。やっぱり水分が少なくカチカチです。トラもまた脱肛する恐れがストレスなのか、トイレに入る時は暫く座り込んだり迷いがありました。脱肛も無く、無事に出来て良かったです。オイルをお尻に馴染ませることは続けてみます。


その後は温めた鶏ささみをガツガツ!!



頑張った後はよく眠ります。




今日は心配して家人が早めに帰って来てくれました。トラも気分が良いのか甘えています。

自宅での補液は決まった時間(24時間ごと)にしています。昨日の反省点を踏まえ、点滴バッグから50mlを注射器へ移すこと、(トラに翼状針を刺してから)注射器で点滴液注入することなど、力の要る注射器を使う過程は男性である家人に任せました。私は翼状針を刺し、翼状針が抜けないように軽く押さえながらトラを保定する係です。

家人のアイディアで、「決まった場所」で補液をしたほうがトラの心の準備もしやすいのではないか? ということで、病院の診察中と同じように、上蓋を取ってお気に入りの厚手の毛布を敷いたキャリーバッグの中にトラを座らせて補液しています。トラの抵抗は減りました。


今日は上手く入ったのか、補液後すぐカウンターに登り、二週間ぶりに自分からボウルにお水を飲みに行きました!!



体重は、2.14Kg。100g増です! 明日も快適に過ごせますように。





(今日のピャー)
チョコチョコ遊んでいます。








にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

« 今日から自宅療養 | トップページ | 自宅療養3日目 »

2にゃんの日々」カテゴリの記事

猫の腎不全」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 自宅療養2日目:

« 今日から自宅療養 | トップページ | 自宅療養3日目 »