« 大事な大事なトラ | トップページ | お薬の時間(腎不全治療記) »

2017年6月22日 (木)

通院2回目

※記事が消えてしまっていたので再投稿です

昨日より慢性腎不全の治療を受けているトラ。暫くは毎日の皮下補液(点滴)治療が要となります。

トラの腎機能では体内に水分を回しきれないので酷い脱水が起こります。脱水症状の緩和、そして重要な命綱として継続治療が必要になるのです。これから様子を見て進める治療も、腎臓の濾過機能や血を作る役割などのサポートを外側からすること。何より、腎臓がほとんど動かない事で起こるトラの身体に起こる辛さを和らげて行くことが主の目的です。


昨日の通院後からずっと寝て飲まず食わずでしたが、朝方ぬるま湯シャワーを飲みました。トラは流れる水が大好きです。半分は戻してしまいましたが、呼び水になったのか、お気に入りのコップやボウルに水を飲みに行き、腎臓サポートフードも小皿半分も食べてくれました。

1498641402474.jpg

暫く休ませて、今日は私一人でトラと通院。補液の効果か、意識もハッキリしてる様子で顔つきも綺麗な為、投薬治療スタートとなりました。

1498641233364.jpg

オレンジの蓋は「イパキチン」。炭酸カルシウムと「キトサンが、食物に含まれるリンと老廃物を消化管内で吸着し、排泄を促してくれます。

スティック状のは「ネフガード顆粒」。こちらはいわゆる活性炭。腎機能が低下すると老廃物を十分に濾過できなくなり、血液中に蓄積してしまいます。老廃物は血液の循環で腸管に戻りますので、この活性炭が戻ってきた老廃物を腸管内で吸着し、便と一緒に排出させるという効果があります。

この二種類を毎日朝晩、なるべく投薬間隔を空けて飲ませることになりました。

腎臓のサポートの役割を果たす大事なものなので、勤め人なら通勤前と帰宅後にこれをこなさないとですね。うーん、難題…。(薬の飲ませ方については別記事で後述します)




補液の後は気分が良いのか、フードもよく食べてくれます。少しよろけますが、ステップも上手に使います。

1498641401658.jpg



トラが小さな小さな体で頑張っているんだから、泣いてばかりいないで頑張らなくちゃね……。


(おまけ)
今日の功労者。お付き合いでフードが変わった この子が美味しそうに腎臓サポートフードを食べてくれるので、トラも興味を持ってだいぶ食べてくれました。



ピャー、グッジョブ!!……普段は目もあまり合わせない2にゃんですが、本当は心から信頼し合っています。トラが来てくれたことでピャーは留守番もできるようになったし、新しい環境にもすぐ馴染めたのです。怖いことがあったら、トラに何回もスリスリしに行きます。大事な大事な、ベストパートナーなんです…🐱🐯


にほんブログ村 猫ブログ 猫 闘病生活(腎不全)へ

« 大事な大事なトラ | トップページ | お薬の時間(腎不全治療記) »

動物病院にて」カテゴリの記事

2にゃんの日々」カテゴリの記事

猫の腎不全」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 通院2回目:

« 大事な大事なトラ | トップページ | お薬の時間(腎不全治療記) »